タグ別アーカイブ: セイコー

セイコー プロスペックス ダイバー SBDY023

セイコー プロスペックス ダイバー SBDY023

腕時計セレクション

セイコー プロスペックス ダイバー SBDY023 セイコープロスペックは、ダイビングやトレッキングなどアウトドアに適した機能を備えた腕時計ブランドです。 パッと見る限りでは、セイコーファイブより一段高いブランドとして作られています。 その機能も、ハイブランドに寄せた作りとなっております。 今回ご紹介するSBDY023は、ダイバーズ腕時計で、200m防水仕様となっております。 ハイブランドダイバーズは300mが基本になってきていますので一段落とした形になっていますね。 しかし、普段使いでは十分ことが足りる防水性能です。 逆回転防止ベゼルって知ってますか ベゼルというのは、腕時計本体の周りに数字が刻まれているその部分ですが、このベゼルというパーツは少し硬めに作られているのですが回転するのを知っていましたか? このベゼルはダイバーが潜水した時間がどのくらいか一目でわかるように作られています。 長針(分針)の位置を0分とした場合、そこから長針がどれだけ動くと、何分経過したかがわかるようになっています。 これは、酸素ボンベの残量などにつながる重要な数字です。 ダイバーズ時計といえばこのベゼルが特徴的ですよね。 実はこんな使い方をするものでした。 逆回転防止ベゼルとは このベゼル、もともと時計の針と逆回転するように作られています。実は逆回転にはたいへん深い意味があります。 例えば、今長針が20分だったとした場合わざわざ遠回りして50分側の方向から逆回転させて20分の位置(4の位置)に持ってくることになります。両回転すれば楽なのに。。。 と思いますよね。 でもあえてできなくしてあるのです。それが、逆回転防止ベゼル機能です。逆回転を正回転とするベゼルから見た逆回転なので、正回転しないという意味です。 なぜそんな作りになっているのかというと、例えば酸素ボンベの残量がスタートから約60分だったとします。 今長針が20分なら、文字盤の4の位置にベゼルの0をもっていくと、長針がどこをしめしたら何分経過したかがわかる作りになっているわけです。 これが、仮にですが、潜水中ちょっとした拍子に岩場に時計をぶつけてしまったとします。その時ベゼルがずれたと仮定して。。。 逆回転(時計の針の進みで正回転)でずれるというのは、4から5へ移動するということです。 そうすると、60分が文字盤の5の位置になりますが、もともとが4だったため5分オーバーになります。 酸素ボンベの残量不足になってしまいますね。 逆回転が防止されている場合、仮にずれたとした場合、文字盤4から3にずれることを意味します。 3にずれた状態で60分なら、もともとの4から見ると5分速いということになります。 少なくとも酸素ボンベの残量がなくなることは防ぐことができますね。 本当のダイバーズ時計というのは逆回転防止ベゼルは標準機能です。 これが安価なものになると、たまに、回転がものすごく軽くかつ両回転するものがあります。 それはあくまでファッションとして機能を付けてあるものにすぎません。またそう考えてください。 続きを読む

セイコーファイブSNK393K1

セイコーファイブSNK393K1

腕時計セレクション

腕時計の基本をなすような腕時計 アナログ(針がついているタイプ)式腕時計には様々なデザインがあります。 カーレーサーに向けた時間計測が様々なモードで行うことができるクロノグラフや300mの深海でも耐えることができるように作られたダイバーズ腕時計など、職業や趣味・用途に合わせたタイプの腕時計が数多あります。 そんな中でも、日常生活で本来必要なのは、今何時なのか。なのです。 すべての腕時計の基本は、時間を表す時計です。 今回ご紹介するSEIKO5 SNK393K1は、アナログ腕時計の基本をなすデザインの腕時計です。 腕時計に最も重要なことは、パッと見たとき【何時かわかること】が重要だと考えます。 餅ろなくせさりーとしての要素などもありますが、腕時計本来の機能は、今何時かわかることなのです。 当腕時計は時間がわかることにプラスして曜日と日付がわかるカレンダー機能が搭載されています。 ベーシックな腕時計の基本となるようなデザインです。 ベーシックなものというのはいつの時代も変わることなく、流行も廃りも関係なく、そして、冠婚葬祭どんなシーンにでも違和感なく付けていけるものだと思います。 そういう意味ではどんなシーンでも、浮くことなく付けていけるこのモデルは一本は持っておきたいですね。続きを読む

グランドセイコー Heritage Collection メカニカル SBGR315

グランドセイコー Heritage Collection メカニカル SBGR315

腕時計セレクション

大人になると欲しくなる。グランドセイコー グランドセイコーは、セイコーの中でもハイブランド品として位置づけられる商品です。 実に、オメガ、ロレックス並みの販売価格の商品がずらりと並ぶのがグランドセイコー。 そして、大人になるにつれ海外のハイブランド腕時計より、グランドセイコーが欲しくなります。 飽きの来ない、シンプルデザインは、いつの時代でも変わらずその存在感を発揮し続けます。 オメガやロレックスを見るより、グランドセイコーを付けている人を見るほうが、【おっこの人スゲーな】と思ってしまいます。続きを読む

自動巻き腕時計のゼンマイを巻き上げる機械~ワインディングマシーン~

腕時計

ワインディングマシーン 自動巻き腕時計は、機械式腕時計というジャンルの腕時計の中でも、腕に装着したうえで腕の振りなどの振動で動力源を得る仕組みの腕時計です。 最近の自動巻き腕時計はその機械の仕組みが透けて見えるような裏蓋がスケルトンになっているモデルも結構ありますが、その裏側を見ると、半円形の重しのようなものが入っています。 これは、振り子といわれるもので、この振り子が上下左右に揺れるたびに、ゼンマイが巻き上がる仕組みになっています。 自分で振ってみるとわかりますが、ほんのちょっと時計を動かしただけでも振り子が動く仕組みになっており、日常生活で腕時計を装着しているだけで十分巻き上がるようになっています。 腕時計をしない日はどうなるのか 土・日などの休日は腕時計を付けないという方も結構多いはずです。 そんなとき自動巻き腕時計はどうなるのでしょうか? もちろん、動かさない限り、振り子が動きませんので巻き上がっていたゼンマイが切れるまでは動いていますが、切れてしまえば針が止まります。 大体一般的に自動巻き腕時計は50時間、約2日程度が、ゼンマイの巻き上げが満タンだったときに稼働するところなので、(一部のロレックスは72時間稼働するそうです)金曜日の夜に腕から外し、土・日休日を腕時計をしなければ、月曜日の朝は針が止まっていることでしょう。 週初めの月曜日の朝に、腕時計の針を調整するのは何とも煩わしいものです。 安定してゼンマイを巻き上げる機械~ワインディングマシーン~ もちろん、そんな方に向けてもそうですが、腕時計はなにも1本だけ持っているとも限りません。 好きな人は何本も持っています。 あ。今日はロレックス、明日はオメガ見たいに、洋服のように時計を変えながらファッションの一部として楽しんでいる方にしたら、付け替えるたびに時計の針が止まっているのも面倒なものです。 そこで、安定的にゼンマイを巻き上げる機械【ワインディングマシーン】の登場です。 T-SELECTIONSワインディングマシーンの特徴 今回ご紹介するT-SELECTIONSワインディングマシーンT-005120は、同時に2本の自動巻き腕時計を巻き上げることができます。 左右独立駆動モデルなので、オメガとロレックスを同時に巻き上げできます このワインディングマシーンは、左右が完全に独立しています。 モーターも別、制御基板も別です。 なので、左回転でしか巻き上げられない腕時計と、右回転でしか巻き上げられない腕時計を同時に巻き上げることができます。 左回転のみのモードと、右回転のみのモードを設定すれば簡単に可能です。 巻き上げ量も左右別で調整可能 他の安価なモデルにない機能の一つとして、巻き上げ量の調整も左右独立して設定ができます。 1日の回転数を調整することで巻き上げ量がたくさん必要な時計と、少しだけで十分なモデルを分けて設定できます。 徹底的に自動巻き腕時計の劣化を防ぐ設定 左右独立して設定ができるものは、 左右独立してON/OFFモード 右回転・左回転・両方回転の回転方向モード 全4種類の1日の回転数モード ON/OFFのモードは、自動巻き腕時計とスマートウォッチを保管したりする際に、スマートウォッチ側をOFFにして置くことでショーウィンドウ代わりに使えます。 回転方向モード×回転数モード=全12通りの設定が可能で、ご自分の腕時計のゼンマイがギリギリ切れずに維持できるモードを探し出し設定することで、過剰な巻き上げを防ぎつつ、時計の針を止めずに維持できます。 自動巻き腕時計は大変精密な機械ですので、ゼンマイを撒きすぎるのもあまりよくないですし、だからと言って、長期間巻き上げず針を止めたままにして置くと、中に入っている潤滑油が固まってしまい、結果動かなくなります。 最適なのは、必要最低限のゼンマイを定期的に巻き上げ、ムーブメントが止まらない程度にゼンマイを巻き上げておくことです。 当ワインディングマシーンはそれを実現しております。 詳しくは説明ページをご覧ください。  続きを読む

セイコーファイブ

セイコーファイブ

腕時計セレクション

セイコーファイブ セイコーファイブは、すでに日本での生産・販売を終了しているモデルですが、日本でも海外でもいまだに根強くファンがいるモデルです。 セイコーファイブはロレックスやオメガと違い、かなりお安く手に入れやすい価格帯のものが多いため、コレクターズアイテムとしてたくさんのモデルをお買い求めされる方も多くいます。 また、セイコーファイブスポーツという、防水機能が大きいダイバーズ時計などもあります。 ↑ベゼルに赤が入っているこのモデルは超有名なモデルです。 また、もともとセイコーは精工舎という日本の企業ですから、生産も日本で行っていました。 今でも、MadeInJapanのセイコーファイルモデルは流通していますが、型番に日本製というのがわかる型番が採用されており、外見では同じでも日本製と海外製があります。 好きなコレクターはあえて日本製を探して買うという方もたくさんおられます。 セイコーファイブという名のモデルは基本的にすべて自動巻きです。 機械式時計をはじめて手にする方にお勧めの初心者モデルと言っても過言ではありません。 セイコーファイブには、ミリタリーモデルもたくさんあり、ネイビーやアーミーモデルなどがよく見かけます。続きを読む