タグ別アーカイブ: コロナ

新型コロナウィルスで除菌スプレーも品薄に。。。自分で作る次亜塩素酸水

新型コロナウィルス

次亜塩素酸水生成器 新型コロナウィルスが猛威を振るっている2020年春。 いよいよ日本も政府から緊急事態宣言が発出され、まさにパンデミック状態となっております。 マスクは、ネットで販売はされているものの、使い捨て不織布マスク1枚当たり30~60円という高値で取り扱われています。 新型コロナウィルスが流行する前は1枚10円程度、50枚入り1箱500円程度でドラッグストアに並んでいました。 マスク以外にも品薄商品が! トイレットペーパーはネット発のデマ情報が蔓延し、一時的に品薄状態となりましたが今は解消されております。 そして、そんな中マスク以外にも品薄の商品があります。 それが、【アルコール消毒スプレー】類です。 特にアルコール消毒液については現在慢性的な品薄状態で、ほとんど出回っていないですし、出ていたとしても大変高額で手が出せない価格になってきております。 次亜塩素酸水はまだある そんな中、新たに着目されつつあるのは次亜塩素酸水消毒液です。 次亜塩素酸水というのは、もともと、野菜の洗浄、消毒に使われており、紫外線と空気に触れることで塩素成分が無くなるため、もともと食品ジャンルではよく使われています。 例えば水道水に入っている【カルキ】といわれるものも、同じ成分です。 時間とともに成分が消える効能を逆に利用し、水道水の消毒に使われています。 むかしは、金魚などの水を入れ替えるとき、水道水を1~3日程度寝かせてから使ったと思いますがあれが【カルキ抜き】といわれる、塩素成分を抜く作業です。 1~2日放置するだけで抜けてしまう塩素ですから、日持ちしないという点が難点で、一般家庭では大量に消費できないため、あまり好まれてきませんでした。 しかし、ここにきて注目されつつあります。 実際の次亜塩素酸水の殺菌・除菌能力はアルコールより高く、アルコールでは除菌できないといわれているO-157なども、次亜塩素酸水であれば除菌・殺菌できるといわれています。 そんな次亜塩素酸水を噴霧する加湿器や・噴霧器がたくさんありますが、それらに入れて噴霧するのであれば大量に必要になります。 マスクが品薄であることと、マスク自体は感染防止に対しては完全に機能しないことがわかっていますので、それであれば自分がいる空間を除菌してしまえばいいという空間除菌という思考にシフトし、今まさに、空間除菌系のグッズが大流行し始めています。 ↑こちらは次亜塩素酸水専用の噴霧器で、高濃度の次亜塩素酸水を噴霧可能です。 大量消費できる機械が今流行し始めているとはいえ、濃度などの関係で希釈して使うと結局大容量となり、品質を維持できる期限内にすべてを消費するのが難しくなるのもよくあることです。 つぎに思いつくのは、日持ちする次亜塩素酸水です。 次亜塩素酸水は、塩素成分を持つ成分が水に溶けた状態のものです。(次亜塩素酸ナトリウムとは違います。) 水に溶けていると日持ちしないので、水に溶かさなければいいという考えから顆粒タイプがあります。 この1つのカプセルで2リットルで50ppm、1リットルで100ppmの濃度の次亜塩素酸水を作ることができます。 50ppm程度なら加湿器などに入れて使う濃度、100ppmならスプレーに入れて噴霧するために使う濃度といったところです。 顆粒のまま袋を密封してある状態であれば3年間保存がききます。 水に溶かしてしまうと、1か月程度、できれば1週間ほどで使いたいところです。 食塩から作る生成機が安い この顆粒でも十分いいのですが、できれば必要なときに必要な量を作る方がいいに決まっています。 次亜塩素酸水を精製する機械が安く登場しています 食塩から次亜塩素酸水を作る機械が、安く出回っております。 もともと、塩水を電気分解すると次亜塩素酸水ができることは広く知れ渡っています。 今までは、そのような機械は、大きくそして高額でした。 しかし、最近は家庭でも容易に作れるようなこの種の生成器が増えており、また安くなっております。 次亜塩素酸水生成器で実際につくってみた 実際に、当機を購入してみた筆者が、ためしに作ってみました。 先述の顆粒から次亜塩素酸水を作る顆粒を毎日精製し利用しているので塩素臭で濃度が何となく図れるくらいの筆者です。 まずは300ppm程度の濃度が作れるという、小さじ1杯で試してみました。 電源をONにして、ランプが消えるまで約8分、ボトルの中では小さな気泡がブクブクと表れまるで炭酸水のようです。 8分後ランプが消えたら精製完了です。 完成直後は少し生臭さが残り海水と塩素のようなにおいがします。 塩から生成していて、塩の成分が多少残るのもあるのでしょうか。何となく海水のような生臭さとともに、強い塩素のにおいがします。 確実に次亜塩素酸水は作られました。 濃度も300ppm程度はありそうな臭い あくまで臭いで測っているので確実な値は示せませんが、顆粒で1リットル、100ppmを作った時より臭いは強いです。 なので、おそらく100ppm以上はありそうです。 少し濁った水 塩を入れた水ですから、少し濁った水になります。 1時間~半日寝かすと透明で塩素臭のみになる いろいろやってみてわかってきたことなのですが、少し寝かせると、無色透明といえるほどのものになり、また、海水のような生臭さも消えました。 むしろ、塩素臭はそのくらいのタイミングで強烈なものとなり、濃度が濃いと認識できました。 濃度について 加湿器・噴霧器 まず、芯棒が中にあるタイプの加湿器は、基本的に水道水のみ(水性のアロマオイルまで)を噴霧するように設計されています。 ここに次亜塩素酸水を入れると、元は塩である次亜塩素酸の成分が綿の芯棒内で結晶化し、芯棒を目詰まりさせます。それにより噴霧できなくなりますので、仮に次亜塩素酸水を入れるにしてもかなりの低濃度にする必要があります。 大体10~50ppm程度といわれています。私は10~30ppm程度までとしていますので、今回作った小さじ一杯で作った次亜塩素酸水であれば作った300mlを10倍したくらいにしたいので、3リットルのタンクなどに水道水を入れてで合計3リットル程度に希釈して使うとちょうどいいくらいの濃度になると計算しました。これで、10~20ppm程度になります。 専用機と濃度が桁が違うくらい低濃度になりますが、もともと芯棒がある加湿器はミスト(霧)を超音波振動で発生させるためマイナスイオンが含まれたミストで、水道水だけでもウィルス除外の効果があります。プラス薄いとはいえ次亜塩素酸が含まれることになりますので十分です。 つぎに、次亜塩素酸水専用の噴霧器や加湿器は基本的に芯棒が無く、塩素での腐食が無い素材(ステンレスやプラスチックなど)で作られており、濃度に関しては基本的に無制限です。 あまり濃いと強烈な塩素臭になりますので50~100ppm程度を目安にするとよいでしょう。 なので、専用機用の濃度なら、1000ml~2000mlのペットボトルで希釈したくらいがちょうどよい濃度になります。 ボトルスプレーや手に付けて消毒する用の濃度 ボトルスプレーに入れて持ち歩く程度の濃度は100~300ppm程度です。 なので、そのままボトルスプレーに入れてもいいですし、少しにおいがきついので1リットル程度に希釈したものをスプレーに入れて持ち歩くのがいいかと思います。 靴下などのにおい消し 子どもの靴下などのにおいを消すのなら、300ppm程度の濃度であれば十分臭いが落ちます。 靴などの中にスプレーで噴霧することで臭いを打ち消してくれます。 風呂やキッチン周りの掃除、除菌、におい消しに お風呂掃除が終わって、水で洗剤を落としてからですが、すべてが終わって水洗いした後に、次亜塩素酸水をスプレーでシュッシュと噴霧しておきます。 次亜塩素酸水はもともと消毒性が強いため、カビなどの繁殖を防ぎます。 もちろん洗ってしまうと成分が消えますので、お風呂を使った後などに毎日シュッシュすればカビが生えにくくなります。 ほかの洗剤と混ざらないように注意しながら噴霧してください。 自分で作れるようになったら用途が広がる 次亜塩素酸水を直接買っていると、その残量などが気になるため、今なら空間除菌や手指消毒以外で使えませんよね。 でも、いつでも自分で作ることができるとなったら、視野は広がります。 我が家では、子どもたちの靴下の消臭でまず使っています。 これが劇的に効果があり、たくさん遊んだ時の靴下など。。。臭いをかぐと卒倒するのではないかというくらいの刺激臭でしたが風呂に入る前に、洗面台に栓をして、1リットル程度の次亜塩素酸水を入れて靴下を漬け込んでおくと、風呂上がりには次亜塩素酸の臭いで、靴下の刺激臭は無くなります。 また、その際に、洗面台のシンク自体も次亜塩素酸水で漬け込んだ状態になるので何となく消毒されて綺麗になった気がしますw 希釈して使うと、どうしても余ってくる面もあるので、我が家では週1~2度、風呂などに噴霧してカビよけに使っています。お湯をためる前に、壁という壁に噴霧し、入る際にはシャワーでさっと流します。 これをするだけでもカビよけに近い効果が出ますので、お奨めです。 また、キッチン周りの消臭にも効果がありますので余っても使い切ることができますのでおススメですね。続きを読む

ウィルス除菌系噴霧器が品薄に!

ウィルス除菌系噴霧器が品薄に!

ブログ

自分の身は自分で守る ウィルス対策に次亜塩素酸噴霧器 新型コロナウィルス【COVID-19】が流行の兆しがある中、マスクが品薄で手に入りづらく、大変苦労しております。 マスクを手作りしようにも耳かけ用のマスクゴムも品薄、マスクに利用するダブルガーゼも品薄となりつつあり、どうにもならない状態になってきました。 ※ゴムなしでハンカチで簡易マスクを作る方法などを掲載しております。 マスク以外のウィルス対策グッズ マスクもできるだけ付けていくようにしているが、まだまだ不安が残ります。 少なくとも自分の身の回りだけでもウィルスを除菌できればいいのだがと、次の思考として移行するわけです。 空間除菌ですね。 手っ取り早いのは除菌スプレーですが、これも品薄。手指につけるアルコール消毒液も品薄でこれは困った状態です。 次は自分自身を守るために、首からかける除菌シートです。 現在は以前に同様の製品に虚偽の記載があるという疑いで指導を受けた類の製品です。 いまは、実際に使われている成分、エビデンスを取った効能だけを記載していて、安心して使えるものです。しかも手軽です。首からかけるだけです。開封してから約30日効果が持続すると謳われています。 今使えば、国が推奨しているこの1~2週間の山を超え、今月いっぱいは効果が持続しますね。 目に見えないウィルスとの戦い マスクや除菌グッズを買って付けても目に見えないウィルスが開いてですから効果があるのかどうか全くもって不明です。 不安ばかりが先走ります。 部屋ごと除菌できればいいのに 自分がいる空間・部屋がクリーンであれば自分は感染しないはずです。 そのため、マスク、除菌ストラップなどで自分にウィルスが近寄らないようにしているわけです。 あとは、部屋自身がクリーンになればいいんだけど。。。 こちらは、殺菌能力のある次亜塩素酸を空中に噴霧する機械です。 次亜塩素酸は読んで名のごとく塩素が含まれていますから、一般の雑貨でよく出回るような加湿器では、塩素で腐食してしまい使えません。 こちらの機械は、耐塩素素材で作られており、次亜塩素酸を噴霧するのに適しています。 次亜塩素酸は、スーパーなどに並ぶ野菜や肉類の殺菌のためほとんどの場合次亜塩素酸水につけ殺菌して店頭に並びます。昔から使われています。 次亜塩素酸は時間が経過すると水になってしまうため、体に害が少ない成分といわれております。 つぎに、次亜塩素酸は、アルコールでは除菌できないO-157などを殺すことができます。 なぜ、そのような強い殺菌力があるのに、アルコール消毒液の方が一般的に流通するのかというと、アルコール消毒液と違い、揮発性が無いのです。 手指を消毒する消毒液は手に付け伸ばしているうちに揮発してしまいます。 しかし、次亜塩素酸水は揮発性が無いためべたべたしてしまい、乾きません。 そのため、手指の消毒液にはあまり向いておらず、空中噴霧することが多くなります。 逆に、アルコール系の消毒液は空中噴霧するタイプは少ないです。 これは、アルコールを噴霧するわけですから吸い込んでしまうと飲酒状態になりよってしまうかもしれません。 今回ご紹介した噴霧器は30畳タイプとかなり大きなサイズです。 残念ながら10畳・14畳タイプは即完売してしまいました。 30畳タイプは大きいので出品しないでいたのですが、あまりにも品薄状態が続くため、出品いたしました。 数に限りがありますのでお買い求めはお早めに。続きを読む