タグ別アーカイブ: オートマチック

腕時計の種類~自動巻き腕時計から最新のスマートウォッチまで~

腕時計

腕時計 腕時計には、様々な駆動方式の腕時計があります。 機械式腕時計 機械式腕時計とは、その名前の通り、機械的に1秒を刻むよう設計された時計です。 上記写真のようにギア(歯車)の組み合わせによって1秒を刻むように設計されています。 大変精巧につくられています。 機械式腕時計の場合、アンティークものも多く、メーカーもすでに生産終了し交換部品もない場合もありますが、時計修理技能士という国家資格を持つ方に依頼し修理してもらうことが可能です。 仮に、この歯車が壊れていた場合、修理士は自ら歯車を制作して修理します。 また、この歯車の動きが見れるように、腕時計の裏蓋が透明なガラス、スケルトンになっているタイプが近年は流行しております。 機械式は大きく分けて2種類の機械式腕時計があります。 自動巻き腕時計 自動巻き腕時計とは、腕時計を装着しているだけでゼンマイが巻き上がる仕組みになっています。 上記写真のように、半円型の振り子がついているものがそうです。 この振り子が腕が動くたびに揺れ、その揺れをゼンマイの巻き上げ動力に転換しています。 手巻き式腕時計 手巻き式腕時計は、自らの手で、ゼンマイを巻き上げるタイプの腕時計です。 巻き上げる場所は時計の針を調整するときに使うリューズです。 手巻き式腕時計の場合、振り子がついていないタイプが多くなります。 腕時計を振ってみると振り子が動いて遠心力がついているタイプは自動巻き、振っても振り子が動いていないタイプは手巻き式となります。 手巻き・自動巻き両タイプもあり 最新のモデルや、安価なモデルでもたまに見かけますが、手巻き・自動巻き両方の機能がついたモデルもあります。 普段は腕につけることでゼンマイを巻き上げるが、休み明けなど腕時計をしていなかった期間から明けた際には自らリューズを撒いて手で巻いてから装着できるタイプがあります。 ↑手巻き・自動巻き両タイプの腕時計はこちら↑ クウォーツ おそらく最も多く出回っているモデルではないかと思われるのがクォーツ時計です。 最初に作ったのは精工舎(現SEIKOエプソン)といわれており、駆動方式としては電池で動く腕時計です。 機械式は1秒を正確に刻むために歯車の組み合わせを利用していましたが、クォーツは読んで名のごとく、【水晶】の振動を利用して1秒を刻みます。 水晶に電気を流すと、毎秒32768回の振動が発生し、その振動を利用して正確な1秒を刻みます。 クウォーツ式腕時計が発表される前は、機械式時計が中心でした。そして、その時代はスイスが時計としては世界No1でしたが、クウォーツ時計を精工舎が発表した時に時間がずれていく機械式より正確に時が刻めるということで、スイスの機械式時計がまったく売れなくなる時代がありました。この時代をクウォーツショックというそうです。 現在も主流はクウォーツ時計で、Gショックなどデジタル腕時計もクウォーツが主流です。 電波式腕時計 ここ最近は、電波式腕時計も安く手に入るようになってきました。 こちらの時計は外から見るとクウォーツとほとんど変わりません。 しかし、時刻の調整は時刻調整用の電波を拾うことで自動的に調整してくれるものになります。 例えば、腕時計の時間のずれに、日差10秒(1日に10秒ほどずれてしまう)もあると、本来はお話にならないのですが、電波式腕時計の場合1日一回自動的に時間のずれを勝手に調整します。なので、日差10秒あったとしても、ほとんどの場合気付きません。それが電波時計です。 また最近は、その電波時計で、動力源が太陽光のソーラー充電式電波時計も結構流行っており、電池交換不要(太陽光にある程度当てることで充電する)で、針調整も不要なので、ある意味本当に永遠に時を刻む時計が出来上がりつつあります。 スマートウォッチ ここ最近一番流行しているのがスマートウォッチでしょう。 これは時計と言っていいのかどうかもはやわかりませんが、腕時計タイプのスマホです。間違いなく。 この時計はスマホが小さくなったものに等しいので、キャッシュレス決済や、メールの送受信、親機にあたるスマホへの着信をスマートウォッチ経由で電話を受けたりできます。 また、ちょうど動脈の近くに装着することもあって、心肺の状況などを定期的に取得し健康状態をチェックできたりします。続きを読む